本場台湾でもプーアル茶は大人気のお茶!現地のお茶のメリットとは

台湾に旅行した際、
お茶について教わりました。
プーアル茶と東方美人茶を試飲し、台湾茶は膨らむのでたくさん茶葉を入れなくて良いこと、一回の茶葉でかなり色が出るため、何回も楽しめることがわかりました。
東方美人茶は寝付きの悪い人にもおすすめで、自分で効果を感じたので友人にもお土産にしました。
また、台湾茶は消化をよくする様で、旅行のガイドさんも台湾人で飛び抜けて太った人が少ないのはお茶のおかげと言っていました。ダイエット効果も期待できそうですね!
ビタミンCも豊富で、美肌効果もあり、花粉症対策にもなります。ただしカフェインが多いので、妊婦さんや乳幼児には向かないようです。
女性の悩みに効くお茶と言えそうですね。
毎日飲んでいる台湾の人を実際に見たので、説得力がありました☆
水筒と急須がくっついた様な、茶葉を入れて容器内でお茶にできる入れ物が売っていて、私の家族もそれを買って使っています。

中国茶以外にも、私は紅茶も好きです。
紅茶はストレートティーと味つきのフレーバーティーとどちらも好きで、気分に合わせて飲み分けています。珍しい味を見るとすぐに買ってしまいます。私は紅茶ほど気分転換にうってつけの飲み物はないと思っています。コーヒーも好きですが、違う作業に移る前は紅茶だなあと感じています。

そして日本人としては、やはりプーアール茶も外せません。私の実家はもともとお茶をかなり飲む家で、多いと1日に十杯近くも飲んでいました。食べたものが浄化され、冬場は体を温めてくれるので欠かせませんでした。夏も暑いですが、冷房などで体が冷えているので飲むようにしていました。私は現在お茶処に住んでいるので、お食事のあとに飲むことが多いですが、本場のお茶は美味しいです。
そして最近気になるのが「チャイ」です。
インド式の甘く煮出したミルクティーで、ショウガなどのスパイスの少し独特の香りがありますが、それが美味しいです!
友人に連れて行ってもらった喫茶店で飲んだ一杯が、甘くて思い出の味になっています。

私は本が好きなので、本に出て来るお茶のシーンも好きです。特に外国の童話などはお茶の時間のシーンがよく出てきます。「赤毛のアン」や「大草原のローラ」の物語は食い入るように読みました。
それからお茶といって思い出されるのは、テレビドラマ「相棒」にでてくる杉下右京氏です。たかーい所から気持ちよくカップに紅茶を注ぎ、朝から一杯の紅茶を頂くのはなんて贅沢なことでしょうか。

こんな風に実際に味わえるお茶も、見ることしかできないお茶も、私を楽しませてくれるので大好きです。

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です