静岡県民のわたしがお茶について思う事ー緑茶VSプーアル茶

私は静岡県に住んでいます。静岡ときいて何を思い浮かべますか。静岡といったら「富士山とお茶」が有名です。
もちろん静岡産まれ、静岡育ちのわたしの生活にはお茶がかかせない存在です。まず、朝起きてはじめに飲む飲み物はもちろんお茶です。
それから学生時代に給食には、牛乳と一緒にお茶がでました。一クラスに一つヤカンが配られ、その中にはあったかいお茶が入っていました。クラスのみんなマイコップを持参して、食後もしくは食事中に飲んで生活していました。もちろん、夕飯のときに一緒に飲む飲み物はあったかいお茶です。静岡に住んでいる家庭はたていは、食卓にキュウスがあって食事の際はお茶を飲みます。それから、わたしが結婚したときに市から、お祝いとしてプレゼントでもらったものは、「キュウス」でした。これでおいしいお茶をいれて家族でたくさん会話のある食卓をと言われ渡されました。そのときに、使う機会がおおいのでありがたいなと思いました。
他県からきた主婦友にそのことを話すと、使い道がなくてこまると言われてしまいましたが静岡県民からしたらとってもいいチョイスだなと思います。
このように、静岡県民にとってお茶はきってもきりはなせないとっても大事な存在です。そんなお茶を飲んでよかったことがたくさんあります。まずは、お茶を毎日飲んでいるおかげで健康な人がおおいということです。お茶は昔から身体にいい飲み物とされてきました。そのお茶を毎日のむ習慣があるのでわたしの家族も、もちろん友人も血液がサラサラで元気な人が多いです。それから、ジュースなどのかわりがお茶なので、ダイエットにもいいです。甘い物ばかりを飲む習慣のあるひとに比べたらカロリーも少なく済みます。

プーアル茶は緑茶よりもおいしいですしおすすめです。

そして一番お茶を飲んでいてよかったなと思う事は、食事後にゆっくりお茶を飲みながら家族で話す時間があるのでコミュニケーションがとりやすいと思います。これは静岡にすんでいるあいだは気づかなかったのですが、私の旦那が静岡の人ではないのでお茶をのむ習慣がありませんでした。それで気づくことができたのです。旦那は食べ終わると、すぐテレビをみるなどの動作になってしまいました。でも、食後、あったかいお茶を飲む習慣を覚えてからは、その日あったことなどを自然と話すようになりましたし、会話が増えたなと感じました。お茶を通して、夫婦の時間を持つことができたなと感じます。
このように、お茶の街だからこそいい点がいっぱいあって毎日、お茶を飲む生活はとっても素敵だなとおもいます。静岡に生まれて、お茶をこんなにも身近に感じることができてよかったです。

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です